FC2ブログ
 こんにちは 一年酒井です。
 さて今回も1/25~26で名寄に合宿をしてまいりました!
いや~相変わらずの寒さでしたが、そのおかげで雪が降りポールが刺さるんですから感謝しないとですね。
練習のほうは前回と同じくGS、SLを午前午後でみっちり二日間行いました。自分の滑りは良くなっているのでしょうか。毎回練習後にビデオを見ては”こうすればいいんじゃないか?”という点は出てくるですが、それを結局ポール内で活かせずに終わってしまいます。進歩が無いことはないですが少し焦ります。とはいっても改善点を意識するかしないかで練習の質はまた変わってくると思うので、めげずに頑張りたいところですね。

2019-2020_200130_0449.jpg

 
 来週2/2には比布でGSのレースがあります。雪不足でレースの中止が続いていたため我々一年にとってはこの比布が初めてのレースとなります。どうにか吉報を届けられるよう部員一同頑張るので応援よろしくお願いします!!!
スポンサーサイト



2020.01.30 Thu l アルペン l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちはこんばんは北海道にきてから早2年弱。方言うつりかけの江澤です。
この前の土日練の報告します。

まず金曜日。
先週の月曜日の夜にドカドカっと雪が降ったので今週は白旗で滑れるだろうと思っていたのですが、期待していたよりも積もらず、というよりもすぐ溶けてしまい、コースには枝!土!年明けすぐと比べたら積もってて滑れなくはないですがカッターがない、、。クラシカルも練習したい私たちは富沢に行くことを決めました。

土曜日
高速代とガソリン代を抑えるべく下道で移動。着いたのは10時30分頃でした。いざクラシカル!といった気分で勝手に盛り上がっている私でしたが、コースにはカッターが、、引かれていません。でした。イヤン 予定していたクラシカル15km走を中止、時間走に切り替えました。ありがたいことに旭川は雪がふかふかと積もっており、その分圧雪もなかなか大変そうでした。一回では圧雪しきれず圧雪車が二周してました。圧雪一回目でコースに入った私たちはズボズボとひたすら走り、一年分と言って良いぐらい開脚をしました。もう今シーズンは開脚はしないでいいでしょう。インカレも全部ダイアゴナルで。開脚しないです。
午後はスケーティングで、日曜に控える大事な5kmT.T.への調整をしました。調整といっても強度が落ちるとインカレに支障を来しそう且つ後輩との差が縮まりそうなので、坂をぐるぐるっと周回して、ダッシュしてといった具合です。富沢にはデカい坂が2箇所ありますが、どっちも右肩上がりな坂なので左クイックがやりにくい!ということで普段は左ばかりですが右の練習をしました。まだ慣れないですが、インカレで使えるぐらいにはうまくなりたいです。白旗にはこういう坂坂っとした坂がないので、富沢の坂がなまら練習になります。いるときにできるだけ登りの練習をしていきたいと思います。

日曜日
5kmT.T.を開催しました。医学部インカレ組、コンバも一緒に走るやつです。遂に!念願の!白旗での練習!土!枝!見えとるやんけ!土曜に割と降ってくれたおかげで何とか滑れました。
マススタートがなまら楽しかったです。自分は医学部の岡本さんにくっついていきたかったですが、スタートダッシュからすぐに離され、坂でなまら離され、、続けました。夏練や普段の筋トレ、技術など今のところ全てにおいてなまら差が激しいです。縮めたいですがなかなか厳しいものがあります。頑張ります。
逆に一年生との差がだんだん縮まってきてる気がします。伸びのはやさがなまらエグいです。まだまだ負けないです。最後まで抜かされずに逃げおおせます。頑張ります。

今週の天気からして雪が溶けそうなので、今週末も富沢に行くことになるかと思います。せっかく時間とお金をかけていくので、なまら有意義な練習にします!したっけ!!

インカレのレースまで残り28日(1/27現在)
20200127232846c10.jpg
2020.01.27 Mon l ノルディック l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。アルペン2年の松村です。
今年度のインカレの宿が決定したので報告させていただきます。

まず、今年度のインカレですが、秋田県鹿角市にある花輪スキー場で行われます。

そして今年度のインカレの宿は以下の場所です。
宿泊先:民宿あんべ
住所
〒018-5141
秋田県鹿角市八幡平小山66-2
電話番号:0186-32-2317


部員一同残り1か月となったインカレに向けて仕上げていきます。
そしてインカレで昨年よりも好成績をおさめられるように頑張りますので応援よろしくお願いします!!

それでは失礼します。
2年 松村
2020.01.22 Wed l 全体 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。アルペン部門1年の小林です。報告が遅くなってしまいましたが、名寄合宿が終了したのでご報告です。報告が遅れてしまい、申し訳ありません。

2日目も、午前中はGS、午後はSLの練習をしました。さすが休日、前日とは比にならないくらい人が来ていました。リフトに並ぶ時間も長かったですね。。GSは昨日と比べてきついセットだったんじゃないかなあと思いました私にとっては全部きついんですが。ターンしきれないのと、ポールが怖いのとでめちゃめちゃポールの外側を滑ってました。これじゃ速くなれないですね。もっと勇気を持ちたいです。SLは初めての逆手チャレンジをしました。昨日初めて順手でポールに当たってみて、自分で感動していたのですが、2日目で逆手です。まじで怖いです。ただ、ちゃんとポールが倒れた時は楽しかったです。チンガードもあるし、もっと果敢に挑んでいきたいと思います。まあ自分のビデオを見て、なんというかあまりのぎこちなさ?下手さ?に自分で笑ってしまいました。伸びしろしかないですね。がんばります。

話は変わりますが、受験生のみなさん、センター試験お疲れ様でした☺︎︎︎︎☺︎︎︎︎ 私は去年、自己採点を終えて、泣きながら札駅で友達とパスタを食べたのを鮮明に覚えています。今年のセンターはなかなか一筋縄ではいかなかったようですね。北大に出願して入学したらぜひ競技スキー部へ!!


酒井くんも書いてましたが、1度勉強をやめてしまうとまた集中して勉強するっていうのは難しいですね。スペイン語がんばります。取れるうちに単位を取って、あとはスキーしたいので!

それではこのへんで、おつかれさまでした。

20200120180617127.jpeg
2020.01.20 Mon l ノルディック l コメント (2) トラックバック (0) l top
どうもです。
クロカン部門1年目の猶原です。
今週末も白旗山で滑ることが出来ず、富沢で滑ることになりました。
金曜日はセンター試験前日で学校が休みだったので、白旗山の雪の積もり具合を見てきたのですが、草が少し見えていて、雪も黒くて汚かったです。
早く近場で滑れるようになって車のガス代を抑えて欲しいです。
土、日共に午前フリー、午後クラシカルをしました。
土曜日は次の日のインカレ選考会に向けての調整をしました。
ベースペース3分、レースペース1分で強度は軽めのつもりでしたが、特にクラシカルはベースペースを10キロコースで持続するのでさえきつく、どうしても途中で少し歩いちゃうのが悲しいです。
筋トレとかでなんとかしたいです。
医学部の方々が旭川医科大学、札幌医科大学のクロカン部門の方々と共に本格的な交流戦をしていたので、とても辛そうにしているのを眺めながらがんばれと念を送っていました。
日曜日の午前は前に記した通りフリーのインカレ選考会をしました。
約10キロ(ぼくの測定では9.5キロ)のレース(ある区間3周分)をしました。以下に結果を記しておきます。

1位 岡本さん 28:18
2位 江澤さん 30:04
3位 村下さん 31:59
4位 猶原   36:21
5位 山田さん 41:26
6位 城    46:10

選考会とは無関係ですが、約6.6キロのレース(ある区間2周分)をした方々もいますので、こちらも記しておきます。

高田さん 21:00   佐藤 34:51

自分はタイム的には思っていたよりも良いタイムが出せて良かったと思っていましたが、他の方々のタイムも速かったのでそこまででもないかもしれないと感じてきました。
しかし、いつもは前半と後半のタイムの差が凄まじかったのですが、今回はほとんど無くて良い感じでした。
このままの調子で頑張りたいです。(学校はテストシーズンなので、文武両道で)

以下の動画は高田さんと江澤さんがデッドヒートを繰り広げている様子です。

https://video.fc2.com/content/20200119RWSt9gCF


2020.01.19 Sun l ノルディック l コメント (0) トラックバック (0) l top
 こんにちは。アルペン1年の酒井です。今アルペン部門は1/17~18で名寄に合宿に来ています!
今年は例年よりも暖冬らしく、今現在ポールをはることの出来るスキー場が札幌近郊にはほとんどありません。(゚д゚) そのため滝川さんの元コーチの紹介で急遽名寄での合宿となった次第です。
 いやーそれにしても名寄の雪は凄いですね…。空からバンバカ降ってくるのでずっとパウダースキーが楽しめたんじゃないかと思います。まあアルペンスキーの場合新雪が積もるとコース整備の頻度が増え、大変になりますが((笑))
 さて練習内容はというと、午前GS、午後SLの欲張りパックでした。コース自体は部員のセットでしたので簡単だったそうですが、あまり自分は気持ちよくは滑れなかったですね~。どうしてもずらして、内倒してしまいます。フリーでのカービングは良くなっていると思うのでなんとかポールにも落とし込んでいきたいです。
209.jpg

211.jpg

 はい、そして本日1/17は2020年度センター試験前日です!あれから一年たったと思うと感慨深いですね~。正直今より一年前のほうが賢かったと思います。大学生は勉強できないですね、やっぱり。来年は、去年より成長したぞ、と思えるようにスキーも勉強もやりたいもんです。
 それでは今日はこの辺りで終わりにさせていただきマッスル
2020.01.17 Fri l アルペン l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログじゃんけんに一発勝利しましたので書きます〜
クロカン一回生佐藤亜有です😄


今週は白旗山の予定だったのですが、雪不足のため変更されました😨😨
また、ジャンプ部門から飛田くんも来て、5人での練習でした〜

土曜日はモエレ沼公園に行きました‼︎
なんとかクロカンするくらいには積もっていましたが、コースを何回か見失いました🧐
3.5kmコースは空いておらず、1.5kmコースと思われるところをフォーム確認しながらまわったり開拓したりしました
その後丘登りを5本してフィニッシュでした
20200113163713cb6.jpeg


日曜日は旭川の富沢でしたよい
到着してみると、何やら人が多い…コース整備されててスタート地点とかある…ビブスつけた人いる…

→→大会やってました😛

邪魔にならないようにコソコソ10kmコースの、レースで使っていないところを集団走しました
集団走、、そうですね、集団走…
めっちゃ置いてかれちゃったんですが😭😭
斜度はキツくないけど長〜い坂があり、体力、筋力ともにやられましたねぇ🤮
自分一人だとキツめの坂で緩めちゃうことがあるのですが、今回は先輩が後ろに付いてくださったのでいつもより頑張れた感あります💪💪(圧力?いやいやありがとうございます)

で、札幌にとんぼ返りして

月曜日、とんぼ返り返りして富沢へ!
午前中フリー練では最後にダッシュ20本を行いました‼︎
上手い人の動画を真似をして一歩一歩力強く出すことを意識しました。今までは速く滑ろうとしてもバランスが取れなくてただバタバタしているだけみたいな感じでしたが、だんだんとダッシュらしくなってきたような気もします✨
午後はクラシカルで、いつもよりダブルポールに多く時間を割きました
ダブルポールオンリーの時間を30分とって押す、押す、押す!腕にきました🧎🧎
本当はもっと他のところもガッツリ使うはずなんですけどねぇ、、まだまだですねぇ、



という思いで帰札。


白旗山はいつ使えるようになるのか!?
はたまた今シーズンは使えないのか!?
札幌国際は行われるのか!?

答えは神のみぞ知る
2020.01.13 Mon l ノルディック l コメント (0) トラックバック (0) l top
あけましておめでとうございます。お久しぶりです。2回生の江澤です。この言い方いいですね採用します。月日が経つのははやいもので、もう2シーズン目も中盤に差し掛かっています。
報告が遅くなってしまいましたが、クロカン部門は12月30日~1月4日まで旭川で合宿をしていました。更新されるのを心待ちにしていた人がいたとすれば大変申し訳ありません。お正月特番並の長さでまとめました。合宿を振り返っていきたいと思います。

30日 ~さらば名寄、旭川へ~
名寄から旭川への移動日でした。個人的に名寄のコースや合宿の雰囲気をとても気に入っているので、離れるのが名残惜しかったです。音威子府のレースでいくつも課題が出てくるわけですが、それをじっくりと克服していく時間を取れるのが名寄合宿の良いところだと思います。むちゃなメニューを組んでも許容されるのも名寄合宿の良いところだと思います。結構周回したつもりですが未だに飽きてこないのが不思議です。一曲リピートで有名な高田さんもびっくりです。音威子府で一緒に合宿をした医学部のメンバーとも名寄でお別れでした。
20200108230002bf0.jpg

名寄と別れすませた後、夕方になって旭川に着いたのですが、、雪が無さすぎてびっくりしました!28日まで大会を開催するかどうか悩んでいたみたいだったのである程度予想していましたが、それにしても少なかったです。晩飯は松屋で質素にすませ、その後は皆自分の部屋に戻っていきました。実は旭川の宿は個室でございまして。しばらく食うのも寝るのも同じ空間だったこともあって久しぶりに1人の時間を楽しんだのではないでしょうか。自分は合宿っぽい雰囲気が好きだったりするのでちょっと寂しい気持ちにもなりましたが、普段はWi-Fi難民で見れないYouTubeを堪能しました。時間を忘れてしまうくらい堪能しました。

31日 通常練習
世の中は大晦日とかいう年一のスペシャルデーで盛り上がってたらしいですが私たちにはそんなこと知ったこっちゃないです。通常通り午前も午後も練習しました。
午前は一年生にとっては初めて滑る富沢のコースをゆっくり集団走しました。大抵久しぶりに滑るコースというのは楽しいものですが、このときの雪は下りでも全然滑らず、最悪なコンディションだったと思います。1周しただけでかなりお腹いっぱいでしたが、さらにベース3分マックス1分の時間走を行いました。マックスではもはやダッシュにもならず、不思議な動きをする人になっていた気がします。
午後はクラシカルを予定していましたが、雪不足故にカッターが入っておらず、スケーティングのエクササイズに変更しました。個人的には音威子府、名寄と板に乗ることができていなかったので、初心に戻ってフォームを修正するいい機会になったと思います。これまでとは打って変わってめちゃ吹雪いてたので早めに切り上げようとしたら、まるで私たちの大晦日入りを妨害するかの様にピタリと雪が止んでしまったので、時間いっぱいまで各自フォームの確認に取り組みました。皆大晦日なんてすっかり忘れて自分のフォーム確認に取り組んでました。
20200108225905d50.jpg

宿に戻った後は、大晦日だということを思い出したので、無事紅白を見ながら、半分寝ながら、気がついたらゆく年くる年でした。お疲れ様です。

1月1日 初詣~スキーアスロン
全学クロカン部門に大晦日はありませんが、元旦はちゃんとあります。31日の夜から合流した安田さん、一時帰札していたメロンさんも含めて全員で初詣に行きました。北海道護国神社というところですが、なかなか大きかったので御利益がありそうです。私はちゃんと進級できるようにと45円投げ込んできました。おみくじも大吉でした。勉学は心配いらないそうです。今年も安心してスキーに取り組めそうです。ちなみに今年進級できなかった場合は自動的に除籍になるみたいです。びっくりですね。
2020010823005394d.jpg

午後は初めてスキーアスロン(もどき)を練習に取り入れました。年初めだしスキーを楽しもうという粋な企画です。クラシカル5km、スケーティング5kmの計10kmを滑りましたが、カッターが引いてなかった事を加味してもなかなか楽しかったのではないかと思います。クラとスケーティングでビンディングが違う人はピットインの際にブーツも履き替えていたので、もはやスキーアスロンなのかよくわからないですが、、
平和な元日を過ごしました。

2日 箱根駅伝初日
高校生まではゴロゴロしながら箱根駅伝を見ていた記憶があります。私がちゃんと見ていたのは大体柏原君が山の神と呼ばれてて東洋が優勝してたところから、神野大地君が次の山の神と呼ばれるようになって青学が注目され始めたあたりです。今となっては昔の話でしょうか。去年までは大晦日や元日に練習する事に対してかなりの抵抗があったのに、今年は練習していないと落ち着かないですね。今嘘つきました。
お正月行事を一通り楽しみ終えたので、再び大会に向けて練習に励みました。午前はスケーティングのスピード練習、午後はクラシカルのペース走を行いました。スピード練ではリレーの様な形式を取りましたが、チーム毎に予想以上に差ができてしまったため、競っている状況をつくるために追加で走りました。クロカンで本当にキツいときに脚が燃えるような感じがするのは私だけでしょうか。大晦日にエクササイズをしたのが良かったのか少し乗れてきたような気がしました。
ちなみに自分は城とのペアでしたが、彼はスプリントにおいて力を発揮するようです。彼は飲み込みがはやいです。しかし、バテるのもはやいです。小西さんがずっとついていれば彼はとても速くなること間違い無しです。
午後のクラシカルでは、各自でフォームを確認しながら一定ペースでコースを2周(10km)しました。途中日本代表の選手に抜かされたため、後ろでこっそり同じリズムでワンキックダブルポール、ダイアゴナルをしようとおもったらすぐ見えなくなり、残ったシュプールにあわせて滑りましたがやはり一歩の短さを痛感しました。原因は身長の低さ、足の短さだけではありません。自分は現状ポールランの動きを少し伸ばしてダイアゴナルっぽい感じにしているのですが、正解がいまいちわからない状態です。スケーティングでは板に乗り込んで一歩を大きくしているわけですから、クラシカルでも同じ事がいえるはずです。それっぽく滑ろうとしていたら練習が終わってました。1日で箱根の一区間ぐらいは滑ったでしょうか。20kmを1キロ3分ペースで走るなんて異次元の世界です。高田さんもびっくりです。

3日 大会前日
午前 各自大会調整
午後 ワックスなど大会準備
時間で切るフリー練習でした。自分はずっと板に乗れていなかったのが少しずつ良くなっていたので、今の感覚を忘れないように意識しながら滑りました。スポーツ界のプロにありがちな、大会前に感覚を確かめるってやつです。偉くなりましたね。2年目ともなると必死さが欠けていけません。調整の仕方はそれぞれでしたが、あくまで自分の目標とする大会はインカレなので、旭川大会を通過点ととらえるならもっと滑っておくべきだったかなと思います。
午後はワックスのお時間です。スキーの競技経験がある方ならわかると思いますが、滑走ワックスには様々な種類があり、雪温や湿度からどのワックスを塗るか選びます。競技者のレベルがあがってくると板を数本用意してそれぞれ違うワックスを塗っておいて当日一番滑るものを選べたりするわけですが、そういったことは私たちにはできないので天気予報見て後は運任せです。当日の朝9時の時点で-11℃となっていたのでgalliumのion dryという寒いとき塗るといいワックスをチョイスしました。晩飯の後は安田さんやメロンさんからスキーに関する話や、ぜんぜん関係ない話などいろいろお話を聞くことができました。

4日 第47回旭川クロスカントリースキー大会
大会当日の振り返りです。
私個人としては、昨シーズン音威子府でだめだめだったところからワンランクアップした手応えを感じた大会でした。また今年は昨シーズンのやばすぎる生活習慣も、やばい生活習慣と言えるぐらいには改善されており、筋肉の落ち具合だったり、練習量だったり、昨年よりもいい状態で来ているという自信はあったので、少なくとも去年のタイムは上回る事、加えて1分後スタートの独歩さん(医学部)に抜かれてもついて行くことを目標に設定しました。ちなみに医学部の方々は2日ぐらいに旭川入りしていました。とんぼ返りです。
以下結果になります。敬称略
男子10km
1 宇田崇二 奥越特別支援学校 28:24.3
2 戸松秀斗 旭川北高校    29:59.4
3 冨田征樹 富良野高校    30:05.5
-
41 福井独歩 医スキー    33:47.1
42 福岡悠生 医スキー    33:52.6
43 岡本琢郎 医スキー    33:57.2
58 江澤元太 全学スキー   36:03.5
66 村下太一 医スキー    38:58.6
67 小林大樹 全学スキー   39:23.4
71 猶原大渡 全学スキー   42:26.1
74 山田航大 全学スキー   44:52.5
76 城可之  全学スキー   54:13.2
女子5km
1 栃谷和 おと美工芸高    16:38.6
2 栃谷天寧 おと美工芸高   16:58.7
3 照井咲頼 鷹栖高校     17:28.6
-
22 佐藤亜有 全学スキー   26:33.8

結局独歩さんと3分差ついてしまいました。音威子府からほぼ縮まっていません。名寄での走行距離も負けてるので縮まるわけないですね。医スキー部に追いつけるようになるにはどうすればいいでしょうか。。
一年生の中では猶原が良い滑りをしていました。彼は夏のランから速かったので冬も速いだろうと思っていましたが。次は40分切りを目指すそうです。
女子では亜有ちゃんが6位入賞でした!目標タイムは達成していなかったみたいなので、医学部同期のライバルとも競ってさらに速くなりそうです。
20200108230253287.jpg

個人の反省です。
全体的に去年と比べて遅くなっているので、スピードの出にくいコンディションだったのかなと思います。レース前にコースを回ったときには板の滑りが悪すぎてやばいと思っていましたが、いざ本番になってみると割と滑ってくれました。コースの気温はどんどん上がってたのでワックスが当たったというわけではないかも知れませんが。
前半はフォームとリズムを意識して滑っていました。その割にはすぐにすねが疲れてしまったので、後傾していたのかなと思います。もっと前半突っ込んで入った方が良かったかなと今になって思います。5kmコースを2周するのですが、1周目の後半で目標としていた独歩さんに追い抜かされてしまい、しばらくは着いていく形になりました。しかし2周目の登りで自分のペースが落ちてしまった、またフォームが崩れてしまったこともありどんどん離され、見えなくなってしまいました。
今回のレースで、やはり基礎体力の大切さを再認識しました。何回再認識すれば気がすむんでしょうか。頑張れば上がるはずなんですが、実際に上げるのはとても難しいように思います。昨シーズン滑って夏トレが重要だねという反省をしたはずなのにまた今年も同じ反省をして終わりそうな予感がします。
今年変わったことがあるとすれば、去年はそれっぽい滑りと勢いで滑っていたのに比べて、今年は自分なりに工夫してフォームをいろいろやってみたことです。ただ良くなっているのか悪くなっているのかもいまいち分かりません。わからなくなったら基本に戻る事を忘れずに、今後も試行錯誤してみます。
あとインカレまで2ヶ月ありませんが、今年は異常なほど雪が降っておらず、今週も札幌での練習が難しいです。できるときに滑っておきたいです。体力は裏切らない、滑った分速くなると思っているので。本州では九大戦が終わり、東北大が優勝したそうです。負けてられません!速い経験者の一年生だったり、3部から上がってくる青森大学、関西学院大学などと同じレースに出て結果を残すとなると、昨年よりも厳しいものになってくると思います。2月に追い込みをかける予定ですが、それまで基礎体力向上と、クロカンに対するモチベーションの維持に努めていきたいと思います。そして今年の目標である個人でのポイント獲得、その前にリレー出場!高田さんに負けない!などいろいろありますが、まずチーム内で高めあってインカレで良い結果を残せるように頑張っていきたいと思います。今年もよろしくお願いします。

2020.01.08 Wed l ノルディック l コメント (2) トラックバック (0) l top
あけましておめでとうございます。
今年も北大競技スキー部をよろしくお願いいたします。

さて、Labを出て夜の札幌をトボトボ1人歩く日々にも少しずつ慣れてきたMelonです。
札幌の雪の少なさに心配になってしまいます……、昔は雪なんてめっちゃ降っていたと思うのにー。
気づけば、スキーに初めて乗ってから20年近くの月日が過ぎようとしています。

1月4日の旭川クロスカントリースキー大会のリザルトや年末合宿の後半については後輩がブログを書いてくれることと思いますので、今回は省略します。
と言いたいのですが、少し記録として。コメントを。

旭川クロスカントリースキー大会はかつて「全日本」の名を冠した大会でしたが、参加者が減少もあってか、いつの間にか名前も変わってしまいましたね。この大会には4年間出場したこともあって、自分のスキーを一番表しているのかなぁと思います。

1年生 2017年 41分17秒3
2年生 2018年 40分57秒5
3年生 2019年 37分17秒1
4年生 2020年 39分23秒4
5年生 2021年 ?分?秒?……

うーん、雪の状況や板の滑り具合を考慮すると一概には比較できませんが……、いつもは年末合宿の疲労で坂を登るのがシンドイと感じていたような気がしましたが、今年は心肺的なキツさを凄く感じました。

さあ札幌に話を戻します。
昨日(投稿するときには日付が変わって一昨日になっていると思いますが)、チーフの江澤に誘われて夜のモエレ沼公園に足を運びました。実は4年目にして初めての冬のモエレでした。夏の昼間とは真逆の世界の冬の夜。吹き抜ける風が体の芯まで届きます。

寒い寒いと言っていても始まらないので、コースもよくわからないまま、とりあえず滑りました。1時間くらい体を動かして、やっとコースの一部が分かった気がします。まあ、それはどうでもよいのですが。

モエレの頂(標高:62m)に立った瞬間の感動といったら、忘れられません。
汗びっしょになりながら、一歩一歩登って行って、下りはあっという間。訳も分からない森の中を突き進む、そんなことを面白いと思える人が、キツイ体力勝負のレースを楽しむことができる人が、、少しの時間さえあれば自分の滑りと有名な選手の滑りを動画で研究してしまう人が、、、コケても何度でも立ち上がる強い人が、クロカンの世界にのめり込んでしまうのだなぁとヒシヒシと感じました。

年が明け、心機一転と行きたいところですが、どうしても色々な物事に優先順位をつけないとこなせない日々。しばらく、スキーはお預けとなってしまいそうです。でも、次に板を履いた時に前の自分自身に負けない滑りができるよう、考えながら一日一日を過ごしていきたいと思います。

そして、後輩たちにはうるさく言っていますが、「スキーをできるうちに、全力で楽しんでもらいたい」と思います。

おっと、夜更かしはいけない!
久しぶりにブログを書いたMelonの戯言でした。

52891.jpg
2020.01.07 Tue l クロスカントリー l コメント (0) トラックバック (0) l top