こんばんは、純クロの1年、メロンこと小林です。今日はシーズン3回目となりました旭岳合宿についての報告です。

今週は先週とはうってかわって、寒く締まった雪のなかでの合宿となりました。コースの脇の木々にも雪が積もり、一段と冬らしくなってきました。

コース風景
●クロカンコースの風景

1日目の午前は純クロがクラシカル、コンバインドがスケーティングで、1年生にとっては初めての旭岳の上のコースでの練習でした。旭岳の上のコースは今まで練習してきた下のコースに比べ、アップダウンが激しく、坂をほとんど経験していない僕らにとっては、これまでやって来た走法では太刀打ちできず、坂を足を開いてパタパタして登るのが精一杯でした。スケーティングで登っていた高田君も結構辛そうでした。下りも同様で、スピードを出すとカーブをうまく曲がれないので、僕にとってはかなりキツいコースでした。山田君は下り坂を「ガケ」と称していました。先輩方によると、坂とは言っても、12月に大会のある音威子府のコースとは比べ物にならないほど緩やかだそうです……。一方、午後は下の普段のコースに戻り、フリースケーティングで5kmのタイムトライアル(内容的にはレペティションと同じ8割の力で滑る)を行いました。やはり2.5kmが倍になるとなかなか手強いもので、かなり体力を消耗しました。2月の札幌国際スキーマラソンでは50kmのレースになるので、疲れにくい、きれいな滑りを身に付けていかなければと切実に感じました。

2日目は午前にフリースケーティングを、午後に純クロはクラシカルを行いました。午前はコーチの岡本さんにご指導いただき1年生3人で滑りました。午後は1日目と同様、コースを5km滑りました。合宿中には待ちにまったオーバーとワンピースが岡本さんから届き、早速、1年生と池山さんでお揃いのものを着てみました。

新しいオーバー
●新しいオーバーで滑る!

一方、今週のシェフは安田さんで、美味しいハンバーグを作っていただきました。ありがとうございました。

みじん切り
●みじん切りマスターできた?

旭岳合宿もいよいよ後半戦です。残りの2回も気を抜かずに、充実した練習をしていきましょう。

さて、今週はこの辺で失礼します。
スポンサーサイト
2016.11.28 Mon l クロスカントリー l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは
コンバインド部門1年の高田です。

旭岳合宿2週目について報告させていただきます。
大雪山連邦の旭岳は北海道の中央東寄り、東川町というところにあります。札幌からは200Km弱の道のりです。下道で行くと、4時間ほどかかります。そのため、土曜日の朝は5時前には札幌を出発、帰りは22時頃に札幌到着というなかなかハードなスケジュールのもとで合宿を行っています。移動するだけでも大変ですが、ドライバーさんはさらに運転という重責を負っています。出発は5時前となりますが、ドライバーさんは車を準備する時間もありますので、中には3時頃から準備を始めているいる方もいるそうです。自分は特にそうですが、ドライバーさんに感謝の気持ちを持ってこれからの合宿、その後の活動に取り組んでいきましょう!!

さて、前置きが長くなりましたが、合宿の内容に移りたいと思います。1日目の午前は純クロがクラシカル、コンバインドがスケーティングを練習しました。やはり、グリップワックスというのは難く、1年生は今週も先輩の教えを聞きながら塗っていました。僕はコンバインドなので、ノーストックで板に乗る練習を多めにやりました。これがなかなか難しくて、板に体重をしっかりかけないと横滑りしたり、しっかり乗れません。午後は、純クロ、コンバインド両方ともスケーティングを練習しました。1時間ほど各自で練習した後、8割くらいの力で走るレペティションを行いました。今週は雪質も良く、皆さん、良いタイムで良い滑りができたみたいです。先週記事を書いた山田君もメロン君には及ばなかったものの、タイムが上がり、満面の笑みでした。まだまだ伸びてほしいという気持ちを持ちつつも、山田君の笑顔を見ているとこちらも元気をもらうような明るい気持ちになりました。そんなところも彼の良さですかね(^O^)
なんだかつまらない話になってしまい、すみません(*_*)

1日目の夜にはビデオミーティングを行います。ビデオを見ながら、意見を出し合い、各人の走り、チームの方向性を確認していくのです。今回は、4年生を中心に熱い議論が交わされました。やはり、皆さん、クロカンにかける思いが強いのです。細かいことは掲載できませんが、今回のミーティングでは、坂道を多めにやろうということになりました。

ミーティングで確認したことを実行に移そうという気持ちで臨んだ二日目でしたが...
あいにくの雨でした(+o+)
クロカンで雨というのはかなり厄介で、雪が水分を含み、板が滑りにくくなるだけでなく、ウェアーが濡れ、寒くなります。結果的に午前中しか練習できませんでしたが、坂道をみっちり練習して終えることができました。

1年3人

上は、授業の関係で、今回の旭岳合宿をもって、今年の残りの旭岳合宿の不参加を決断致しました、「シェフ」こと椎名さんです。先週、今週の合宿では献立を決めて、すべての食事の準備をしてくれました。おいしかったです、ありがとうございましたm(__)m

まだシーズンが始まったばかりとはいえ、インカレまで3か月と少し、あっという間に過ぎ去っていくと思います。1日1日を大事に、練習に取り組んでいきましょう!!

シェフ 椎名さん

上の写真は1年3人です。良い写真だと思ったので載せてみました。












2016.11.21 Mon l ノルディック l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは!久しぶりに登場します、純クロカン部門1年の山田です。私たちノルディック部門は毎年11~12月にかけて計5回旭岳にてクロカン合宿を行います。今回はその第1回目について報告します。

1日目は午前にスケーティングを行いました。久しぶりの雪上ということもあり、ポールを使わずにひたすら板に乗る練習をしました。最初はローラーとの感覚の違いに戸惑いましたが、徐々に慣れてきたと思います。僕に対していつも厳しい安田さんに褒められたことが嬉しかったです(*^_^*)
午後は純クロカンはクラシカル、コンバインドは午前同様スケーティングを行いました。僕たち1年生は初めて板にグリップワックスという滑り止めを塗って練習しました。グリップワックスは雪温に合わせて塗るものですが、粘着度が低いと板が上手く止まらず、逆に粘着度が高いと滑らないのです。この調節がなかなか厄介で、最初全く板が止まってくれず登り坂ではずるずる下に後退してしまいました。ローラーとは全く別物で、かなり難しいです。

1479023325711.jpg
上の写真はシェフでもある椎名さんが夕飯に作ってくれたカレーとサラダです。学食のものとは違って、美味しかったです。残りの旭岳合宿でも今回のように頑張って欲しいのですが・・・。

2日目は午前に純クロカンはクラシカル、コンバインドはスケーティングを行いました。昨日の反省を生かし、粘着度の高いグリップワックスを使ってみました。確かに登り坂では後退しにくくはなったのですが、今度はダブルポールが全く進みません。実際森の中のコースを滑っても同期のメロン君に置いてかれました。悔しいです。クラシカルで滑れるようになるか本当に心配です。
午後はスケーティングを行いました。クラシカルとはスピード感がやっぱり違います!滑っていて楽しいのはスケーティングだなぁと思いました。

まだまだ旭岳合宿は1回目です。体調管理にも気を付け、残りの合宿も頑張っていきたいです!!
それでは失礼します。
2016.11.14 Mon l ノルディック l コメント (2) トラックバック (0) l top
こんにちは
コンバインド部門1年の高田です。

秋も深まり、寒さが厳しくなってきたと思っていたら、なんともう雪です。大学のもみじやイチョウの葉が紅葉して、葉がまだ落ち切らないうちに雪が降ってきてしまいました...冬の訪れは突然ですね(*_*)

さて、朝日町合宿以降、荒井山で練習を行ってきたコンバインド部門ですが、今日を持ちまして、サマージャンプ期間が終了となりました。1か月と少しの間、ジャンプ台の準備のためジャンプ練習はできなくなります。そのため、しっかり飛んで冬に備えたいと思っていましたが、今日はあいにくの雪でした(T_T)
下の写真は今日のジャンプ台の様子です。上がスモールヒルで、下がミディアムヒルです。

2016年11月6日荒井山スモール
2016年11月6日荒井山ミディアム

両方とも雪かきをしたのですが、まだ雪が残っているのがわかると思います。雪かきは大変で、ダンプ(リヤカーのタイヤがついていないようなもの)を使って、雪をかいていくのですが、雪が重いんです‼初雪かきの僕は結構しんどかったのですが、少年団の父母の方々はへばる様子もなく、明るく元気に雪を書いていました。雪国に住む人たちの強さを垣間見たような気がしました。

冒頭にも書きましたが、ジャンプ台で飛ぶ練習はしばらくお休みです。しかし、来週からは5週連続の旭岳合宿です!
休んでいる暇はありません!!しばらくはクロカンの練習に専念することになりますが、12月終わりにしっかりジャンプができるよう、堀江チーフのもと、トレーニングに取り組んでいきたいと思います‼!

最後になりましたが、夏季期間お世話になりました、札幌ジャンプスポーツ少年団、札幌振興公社、内藤さんをはじめとした皆様方、ありがとうございました。御礼を述べさせて頂くとともに、冬期間もどうぞよろしくお願いいたします。

来週からしばらく、コンバインド部門だけではなく、クロカン部門の愉快な仲間たち(愉快なのはほんの一部かもしれませんが)とともに練習することになります。夏季期間の成果がどれだけ出せるか楽しみですね(^^)








2016.11.06 Sun l ジャンプ・コンバインド l コメント (0) トラックバック (0) l top