みなさん、お疲れ様です。
鼻水がとまらない風邪ひきジョージです。

インカレが終わってもう一週間ちょい経ちましたね。
早いです・・・。
青森から電車に乗って函館まで帰ってきたのが昨日のようです。
石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」の歌詞のなかに
「青森駅の人はみな無口で」というのがありますが、

電車の中の青森県民(らしき人)は全く無口ではありませんでした。
めっちゃだべってはりました。

ちょっと聞き取ってみようと思ったのですが
全く聞き取れませんでした。
同じ日本語とは思えない外国語ぶりでした。

遅くなりましたが
インカレで応援してくださったみなさん、差し入れをしてくださった先輩がた、ありがとうございました。


今頃、札幌の皆さんは練習に没頭されていると思います。
がんばです。

函館のうちはインカレの悔しさそのままに何もない日常に戻りつつあります。
2月のRight-onは暇です。
暇をもてあましているので
練習に参加すべく札幌へ行こうとするも
もたついている間にもう時間切れのようなグダグダな感じになってしまいました。
おもいたったときに行動しないとあかんのやなーということに気がつきました。

函館で鯨類研究会に入っているのですが
おとついに鯨を解体するという貴重な体験ができました。
雪に埋まっていた鯨だったので、血液がもんのすごく冷たかったです。
その血液をあびまして、風邪をひいたとしか思えません。
一緒に行ったメンバーは風邪一つひかずに元気です。
免疫をください・・・。

今日は水産メンバーでミーティングをしました。
水産主将になったわけで、その仕事の引継ぎをしていただけるのかと思ったら
水産の追いコンの鍋の日程が決まったくらいでした。



なんかまとまってないような感じですいませんでした。
以上です。
スポンサーサイト
2010.01.27 Wed l アルペン l コメント (1) トラックバック (0) l top
こんにちは。提出が来週末に迫り、いよいよ土俵際、からすで飛び出し、
今まさに砂被りの席に墜落しそうな、おい修論はどうした、M2のF木です。
ここらで大逆転勝利を収め、なんとか修了にまでこぎつけたいところです。

遅れましたが、現役のみなさん、インカレ大健闘おめでとう&お疲れさまでした。
そしてボブ主将、1年間お疲れさまでした。近々祝杯をあげましょう。

さてさて、報告が遅れましたが
去る1月21日に名寄市で行われた北海道選手権に参加してまいりました.
結果の方はぶっつけでのぞんだ前日の公式練習で見事にジャンプのコツをつかみ、80mを飛び!
本番で71mと大失敗ジャンプをかまし、失意。
その後午後2時からクロスカントリーのクロスカントリーまで時間があり
だれもテストジャンプがいないこともあり
練習はもちろん公平な試合運営のため、そしてちょっとした社会貢献活動も兼ねて
スペシャルジャンプのテストジャンパーを志願しました。
すると、日頃の行いのせいか見事に天候が荒れだし、結局6本も飛び、強風6mで
試合キャンセル!!

ほんますんませんでした・・・。

で、1時に会場に着いたものの、どうやらアップがてらのジャンプ計8本が
体に重くのしかかり、総合で7位、成年では4位に終わりました。

優勝は久保選手(中川阿部建設)でした!
2位は楓選手(中央大)、3位は加藤選手(日大)でした。
また、コーチの久保さんには指導・スタートをだしていただきました。
この場をお借りして大感謝申し上げます。m(_ _)m



その後、猛吹雪の中、あやうくあっちの世界に行きかけながらも、命辛々札幌に帰ってきました。

翌、金曜は学業に専念。(するふりをする。)

そして土日は大倉山でテストジャンパーをしていました。
大倉山こえーー。
スタート前の選手控室では、岡部、葛西、船木、湯本、伊東、竹内、栃本にF木という瞬間があり、
部屋のあまりにも飛んで行けてしまいそうな雰囲気に
「あれれ~、これおれもK点行けんじゃね?」と錯覚に陥りました.

えぇ、女子ゲートから飛んで100m行かなかったですけどなにか。

で、報告です。

29日からの全日本選手権に出場します!!

1月29日  ノルディックコンバインド 宮の森→白旗山
  30日  スペシャルジャンプ・ノーマルヒル 宮の森
  31日  ラージヒル 大倉山

です!

そして、2月は、札幌国体です。
まいどっ、大阪からでまっせ~~~!

ということで
 2月26日(金) スペシャルジャンプ
   27日(土) コンバインド   
  28日(日) リレー
です。

2月27日は 大学生活(人生?)最後のコンバインドの試合です。

引退試合のつもりでいますので
札幌にいる人は是非会場まで!

大応援よろしくお願いします。
2010.01.26 Tue l ジャンプ・コンバインド l コメント (1) トラックバック (0) l top
こんばんわ。
元クロカン号ことエスティマさんのオーナーO本です。


本日、エスティマをY川はじめ3年生諸氏に譲渡し、
新たにノルディック号が誕生しました。


2年の秋に

「クロカンのための車が必要や!!」
という意気込みで購入したのが昨日のことのようです。


以来
旭岳、音威子府、3度のインカレ(妙高、八幡平、白馬)、名寄、湧別、宮様、
白旗山と



僕が乗っていなくても
練習からレースからさまざまな面で
クロカンチームのために働いてきました。


今後は、
クロカンだけではなく、
ノルディック全員のために働いてくれることと思います。



ご報告でした。
2010.01.23 Sat l クロスカントリー l コメント (0) トラックバック (0) l top
どーも、今朝札幌に帰ってきました三河です。
新潟で五十嵐が降りてから札幌まで僕がエスティマを運転することになり
不安でしたがなんとか無事に着くことができました。

ということで、遅くなりましたがインカレの報告をしたいと思います。

まずは僕が出場した男子SGから、
連日の悪天候で、場合によってはSLに変更かもという状況の中、
結局スケジュール変更しながらSGが行われました。
結果はというとすでに石田の記事に書いてある通り僕はDFに終わってしまいました。

今回のレースは僕にとって最初で最後のインカレレースでした。
スタート前、ガチガチに緊張してしまい部員から「リラックスして」、「ガンバです!」など
声をかけてもらい、少し堅さがほぐれスタートハウスに向かうことができました。
ありがとうございました。
そしていよいよスタート、体はよく動けていて急斜でもラインを落とされることなく
滑ることができて、「よしいける!」と思い2つ目のジャンプ台へ
飛んだ瞬間、思った以上に飛び出して、「あっ!」頭が真っ白になり
気がつけばコース脇に吹っ飛んでました...
めっちゃ悔しかったです。
最後に完走できずに終わって非常に残念でした。
しかし、入部当初スキーがまったくできなかった僕が最後にインカレという
大舞台に立てたことは非常にうれしく、良い経験をできたと思います。

次に、北大の総合成績です。
男子は2部5位
女子は2部20位でした。
男子は、今年もアルペン、ジャンプ、コンバ、クロカンとそれぞれポイントをとることができ、
去年以上の成績を収めることができました。
インカレ最終日のリレーで、みんなと応援しながら最後五十嵐が走っている姿を見て
めっちゃ感動しました。
女子は残念ながら今年はポイントは取れませんでしたが梁川が16位と惜しかったり、
ジョージが去年よりも順位が上がったりとしているので、来年はこの経験を
もとに奮起してもらいたいです。

そして、このインカレをもって僕の1年間の主将及びアルペンチーフ業と
4年間の現役生活を引退することになりました。
楽しいことばかりではなく色々と行き詰ったこともありましたが
そのたびに先輩や後輩、そして同期のみんなに支えてもらい
非常に幸せなスキー部生活を送ることができました。
また、たくさんのOB、OGの方々からも応援していただきました。
本当にありがとうございました。

最後に後輩のみんなへ、これからは新主将角山を中心にしっかりと
自分たちの色を出したチーム作りをしていってください。
来年は今年以上の結果を期待しています。
あと2年間は札幌にいるのでちょくちょく部活に顔を出すと思うので
その時はよろしくお願いします。


2010.01.20 Wed l 札幌 l コメント (1) トラックバック (0) l top
インカレお疲れ様でした。
あべです。

札幌組みは今ごろ日本海の荒波の中でしょうか?
函館組みは月曜の電車で一足先に北海道に帰ってきました。
天気もよく、順調に帰って来れて何よりです。
いかんせん、行きが行きだっただけに…

15日金曜日の午前3時22分に函館を出発し、お昼頃に新潟に到着したまではよかったものの、
乗るべき特急と快速列車が悪天候のためことごとく運休…。
実家で夕食を食べ、N島&K藤が迎えに来てくれるということで22時普通列車で一路長岡へ。
しかし、高速道路の通行止めや下道の渋滞により、合流したのは午前2時半…。
白馬へは渋滞を避けるために別のルートを選択するも、事故により半分近く引き返すはめに。
白馬に着いたのは土曜日の朝10時でした。

動けなくなったら迎えに来てなんて冗談でこの前書き込みましたが、本当になるとは思ってもみませんでした(笑
でも、迎えに来てくれた二人には本当に感謝しています。
おかげで、ジョージのレースに間に合うことができたし、初滑りもできたし。
実家で寝てたら、どっちもできなかったでしょうから。

いろいろ迷いましたが、インカレに行けて本当によかったです。
短い時間でしたが、いい思い出とすばらしい経験ができたと思います。
I嵐のリレーを走る姿には感動しましたね~(涙)

主将は角山に決まりましたね。
水産の主将はジョージです。
みんなで部を盛り上げていってください。
秋田駅にて
秋田駅にて




2010.01.19 Tue l 函館 l コメント (1) トラックバック (0) l top
この度、三河主将にかわりまして北海道大学競技スキー部主将になりましたコンバインド3年の角山悠二です。

北大スキー部のトップとしてみんなの先頭に立ち、部を引っ張っていきたいと思っています。

あとたまには引っ張られていきたいとも思っています。

僕は人間としてまだまだ未熟であり、いたらないことや間違った方向にいってしまうこともあるかもしれません。

しかしそういったときには、現役部員やOB・OGの方々からビシバシと叩いてもらい、部と共に自分自身も成長していけたらと思っています。

特にアルペンチーフの高保君とクロカンチーフの岩元さんにはビシバシ言ってもらいたいのでよろしくお願いします。



僕のモットーは楽しくスキーをすることです。

勝ち負けだけにこだわるのではなく、どれだけ試合、練習を楽しめたかを大事にしていきたいと思っています。

僕はスキーのことが大好きです。

スキーに対する情熱は誰にも負けない自身があります。

その気持ちを部員に伝え、部員みんなでスキーを楽しみ、スキーのことを大好きになり、北大だけでなくスキー界全体を盛り上げていければ良いと思っています。

しかしそのためにはスキーを上手くなる努力は必要であり、しんどくつらい練習もしなければなりません。

しかしそんな時も、みんなで声を掛け合い、練習後にはしんどかったことが笑い飛ばせるような雰囲気を作っていきたいと思っています。

あとスキーだけでなくお勉強でも北大生として恥ずかしくない部にしていきたいです。

最後になりましたが、部員の親御さん、OB・OGの方々、北大スキー部に関わる関係各所の皆様、今後とも北大スキー部現役一同をどうかよろしくお願いいたします。
2010.01.18 Mon l 札幌 l コメント (3) トラックバック (0) l top
裏クロカンチーフ五十嵐です。
なんやかやでドタバタしていて更新ができなくてすみません。

昨日は女子10キロ、男子30キロフリーがありました。
コースは女子A1(5キロ)+C1(5キロ)、男子(A1+C1)×3 でした。
個人的には本命というか、最もがんばりたい種目だったので前日の夜からアミノ酸やらオレンジジュースやら飲みまくって、気合い十分で朝を迎えました。

よーいスタート

去年、20キロ以降ばててしまった反省をいかして、序盤はとにかく落ち着いて。省エネ。
周りの選手もそんな感じで、ある程度まとまってスローペースで滑っていました。

余裕を持ちつつも徐々にペースを上げ、15キロ地点で19位に。(たぶん)
これはいける。3周目で前に見える大東の人を抜いて18位か?
いやいやもうちょいがんばればポイント?
いやいや。

現実はそんなに甘くはなく、後ろから他大学がぞくぞく追いついてきます。
おまえらまだそんな力が。
とか言ってるうちに溜まってきました乳酸乳酸、乳酸。
太ももばっしばしです。

その後何人かに抜かれ、結局最後はばててしまい追いつくことなく終わり、結果は22位。

30キロフリーは、10キロや15キロのレースでは勝てない、私大の経験者のうまい人たちにでも体力と根性で勝てる可能性のあるレースだと個人的には思っていただけに、同じ国公立の一橋やら東北に負けてしまったことが悔しいやら情けないやら・・・

サポート、応援してくださった皆さん、たくさんのパワーをいただきました。
本当にありがとうございます。

北大の選手の順位です。

女子10キロ
16位 梁川

男子30キロ
10位 寺田
22位 五十嵐
24位 清水
26位 神野
41位 寺尾

周平さんおめでとうございます!
さすがっす。


明日はリレーです。
メンバーが決まりました。

1走 清水 クラシカル
2走 寺田 クラシカル
3走 神野 フリー
4走 五十嵐 フリー

でいきたいと思います。
これまで支えてくださったいろんな方々への感謝の気持ちを忘れずに、死ぬ気で走ってきます。
応援って、言葉はなんでもいいんです。走ってる側からすると、あると無いとでほんまに全然違います。
選手全員、明日は死ぬほどがんばります。
なので明日も寒いでしょうが、応援のほう、どうかよろしくお願いします。
2010.01.16 Sat l クロスカントリー l コメント (3) トラックバック (0) l top
みなさん、インカレお疲れ様です。

さて、僕もぼちぼち白馬に向けて出発します。

3:22函館発「急行はまなす」に乗り、青森、新潟、直江津、糸魚川、南小谷で乗り継ぎ、

神城に着くのは19:14です。

天気があまりよくないらしく、ちゃんと着くか心配です。

もし、途中で動けなくなったら、誰か助けにきてください(笑)

では、明日もガンバです!

みんなに会えるのを楽しみにしています。

おやすみなさい。

あべ
2010.01.15 Fri l 函館 l コメント (1) トラックバック (0) l top
ちょっと緊張しています。ジョージです。

昨日はGSのレースでした。
前日の男子3部のレースでマテリアルで失格者が20人でたことが
TCMで言われ、女子のマテリアルも注意されました。

その時・・・
うちは背筋が凍りました。

うちの板のRは18.5というスラ並みの小ささ。

コーチのアドバイスのもと板を買ったときはRが23でなくても
よかったらしいのですが、今回はルールが厳しくなり
絶対R23でないとダメということでした。

買ったときに確認したのに・・・
とマテリアル担当らしき人に相談したのですがやはり許されませんでした。

あぁ~どうしようーと
旭川医科大学の人とボブさんとアワアワしていたのですが

なんとその担当の人が板をお貸しくださいました!
こんな初心者に!!

フォルクルのR23、180cmでした!

いきなりRが大きくなったので滑れるか不安だったんですが
明日フリーで慣れればええかと思ったんですが

悪天候のためレースバーンに行くリフトしか動かず
ほぼフリーができない状態で本レースに臨みました。
1回だけやった微妙なフリーで尻もち程度こけたので緊張しましたが、
スタート位置についたときに皆さんが応援していただいたおかげで緊張が解けてスタートすることができました。

滑りは板にびびってしまって全く練習でできていた滑りができませんでした。
ビデオで自分の滑りを観て悔しくなりました。
自分の実力をなめきっていました。

なので2本目は板もどんなものかわかったのでおもいきって練習どおりすることにしました。

そしたら
一本目は1:09.○●だったのに対し1:02.○●というタイムになりました。
結果は32位に終わりました。
1本目も2本目と同じように滑ったらとリザルトを見てみたら27位にいけそうでした。
なのでかなり悔しい結果となりました。

かなり悔しかったのでSLで頑張ってやると思っているので
明後日なのに今緊張しています。

今まではどのように滑ればええか分からなかったんですが
今はなんとなくで、あってるかも分からないのですが
こうすればええんではないかと考えてばっかで緊張しています。

とりあえず明日は男子SLの応援を頑張って明後日自分のレースを頑張りたいと思います。




2010.01.14 Thu l アルペン l コメント (4) トラックバック (0) l top
本日はスペシャルジャンプ個人戦、
4年永島、加藤、3年角山の3選手が出場しました。

昨日から白馬は吹雪となり、
公開練習も3本の予定が1本、2部の参加者は7名と言う状況で
コンバインドに出ていない選手にとっては厳しい試合となりました。

1   内藤和大  慶應義塾
2   守田将平  札幌学院
3   勝山真樹  信州大学
4   田淵良典  龍谷大学
5   角山悠二  北海道大
6   吉村裕行  京都大学
7   永島健児  北海道大
8   大谷雄一郎 京都大学
9   青戸健次  関西外大
10 羽根一嘉  大阪大学
11 加藤卓   北海道大
12 坂入俊輔  東京大学
13 杉田大河  名古屋大
--------------2nd cut--------------
14 出口幸治  東北大学
14 松崎未来  慶應義塾


今回のスペシャルジャンプではファーストラウンドのあと、
上位50名のみセカンドラウンドをリバースで行うことになり、
1、2部でのエントリーが68名であったことから、
2部の選手は必然的に上位10位に入らないとセカンドラウンドに進めないと言う状況でした。
(1部にDSが数名いたため2部からは13人が進出)


北大は無事3人ともセカンドラウンドに進める事が出来ましたが、
少なくとも各人とも1つ順位が上の選手に勝ちたかったと言う感想です。
また、風はなかったものの雪が激しく降っていたにも関わらず
テストジャンパーが少なかった為に条件の悪い中飛ぶ事になる選手が
1、2部ともにいたように思えました。

現在の総合成績は
1   龍谷大学 108
2   國學院大 102
3   慶應義塾 98.5
4   同志社大 80
5   京都大学 64
6   札幌学院 56
7   信州大学 55
7   北海道大 55
9   東北福祉 42
10 国士舘大 41

という状況です。
京都大学にはフリー、SL、リレーで逆転したいと思います。
あとは札幌学院がSLでどれだけ稼いでくるか・・・


明日は男子SL、男子30kmフリー、女子10kmフリーです。


ながしま
2010.01.14 Thu l ジャンプ・コンバインド l コメント (3) トラックバック (0) l top
激動の二日間が終わりました。
こんばんは


と書きまして早3日。とうとう続きを書こうと思います。
こんばんは、∠山です。

とりあえず何が激動かというところから説明します。
本インカレよりコンバインドスプリントが無くなり、距離10キロのグンダーセン方式とマススタート方式の2試合を行うことになりました。
ここまでは良しなのですが、日程が激動でした。

まず大会1日目午前ジャンプ(試技1本、本番1本)
       午後クロスカントリー(2.5キロ×4、グンダーセン方式)
  大会2日目午前クロスカントリー(2.5キロ×4、マススタート方式)
       午後ジャンプ(試技1本、本番2本)

・・・1日も経たないうちにクロスカントリー?という感じでした。

とりあえず1日目のジャンプでは、天気も良く、試技で良い感覚だったので本番はバシッと決めてこようと思ったところ・・・見事に空回り。
空中で手まで出してしまい、そのまま落下。テレマークも入れれずこ8位スタートとなってしまいました。
噂に名高い落下台だったのでビビってしまいました。悔しい。

後半巻き返しを図ろうと思い後半クロカンへ。
トップとの時間差のためウェーブスタート(繰り上げスタート)だったのですが、前の選手にくっついて走れるということでとりあえず離されないよう食らいついていこうとしました。
ところが3周目に入ったところで右足ふくらはぎがつり始め、その直後左足もつり、最後に右手もつってしまい、後半足を出すたびにつりながらなんとかゴールしました。
なんとか前二人を抜き6位に順位を上げることができました。入賞はできました。
しかしクロカン順位だけで言うと8位だったので悔しさが残るレースでした。
つった原因としてはコーヒーと水分の取りなさすぎでした。利尿作用にお気を付けください。

前日の疲れが少し残りながら、2日目前半クロスカントリー。
前日のつりのため左足に違和感はありながらも、前日の失敗をしないようにビタミンと水分をしっかり取り、スタート。
1,2部合わせて約40名でのマススタートだったためとりあえず軍団についていこうと必死でした。
途中でストックを踏んで転ぶなどしてしまいどんどんトップとは引き離されてしまい、最終的には2部の中では7位でした。
自分としては全力を出したつもりですが、タイムにはそれは現れておらず、もっともっと努力しなければならないと思いました。

後半ジャンプは2本の合計でポイントがつけられるので、こちらでも巻き返しを図ろうとしました。
結果はジャンプだけの成績は5位、総合で6位と結局1位から7位は前日と全く同じ顔ぶれとなりました。
悔しかったのが京大の二人や龍谷に負けてしまったことであり、北海道としての意地を見せれなかったことです。
来年は絶対勝つ。

とこの二日間は一瞬で終わってしまいましたが、失敗もありいろいろ目標もでき、来年こそは納得のいく結果を出せるように頑張ろうと思います。
納得=優勝です。

後最後になりましたが、いろいろサポートしてくださった部員の方々、差し入れや激励を下さったOB・OGの方々、応援してくださった方々にここでお礼を言わせていただきます。どうもありがとうございました。

2010.01.12 Tue l ジャンプ・コンバインド l コメント (2) トラックバック (0) l top
こんばんは、左肩痛のために左腕が上がらないY川です。
インカレ初日にコンバインドのグンダーセンが行われました。

結果としては、
6位 角山(前半8位 後半8位)
DS 吉川
となりました。

僕は昨日の公式練でコケてしまい、左肩と左膝を負傷したために出場できませんでした……
明日のMASSも出れないので、一体自分は何のためにがんばってきたのかよくわかりません。

とは言え愚痴をこぼした所で、怪我が良くなるわけでもないので、明日からも全力でサポートします。

角山ガンバ!!
2010.01.11 Mon l ジャンプ・コンバインド l コメント (2) トラックバック (0) l top
インカレ初日、お疲れさまでした。


アルペンは男子1・2部のGSでした。公式結果が手元にないので、個人的な報告で失礼します。



hakuba47のコースは上から下まで中斜面中心で、斜面変化が多く、難しいコースでした。
セットもインターバルはあるものの、振ってあるキツいセットでした。
ただ、天気が良く、バーンはしっかり作ってあったので、2部がスタートするときも、殆ど荒れていませんでした。




今日のスタート順は11番で、ゼッケン111。日付も1/11。これは何か運命的なものを感じました。

一本目、振り幅のあるキツいセットで、今年の193センチの板ではなく、188センチの板で滑ることにしました。少しラインが落とされましたが、何とか下まで滑り切りました。


一本目で暫定2位。1位との差は0・26秒。これはいけると思ったんですが…。



現実はそれほど甘くなく、二本目ははじめの方でミスってしまい、何とかゴールしたもののタイムが出せずに6位に後退してしまいました。




何はともあれ、ポイントを取れたのはうれしいです。


これからSGとSLが残っているので、全力を出し切りたいと思います。
2010.01.11 Mon l アルペン l コメント (2) トラックバック (0) l top
白馬にやってきました!!

本日アルペン、ジャンプも宿舎に到着し、
先発していたクロカン、コンバと合流して一応全種目ともインカレ入りしました。
白馬までの道はあんまり雪ないなーって感じだったけど、
スキー場やコースには十分雪があるとのことです。

ジャンプ・コンバインドは八大戦や白馬でのトレーニングで
他大学に何人も怪我人(しかも数名は大怪我)が出ているとの事なので、
怪我には十分気をつけて頑張りたいと思います。

とりあえず明日はコンバインド、オフィシャルトレーニング。
明後日からいよいよインカレの開幕です!!


ながしま
2010.01.09 Sat l ジャンプ・コンバインド l コメント (2) トラックバック (0) l top
みなさん、お元気ですか。
いよいよバイト5連勤最終日を迎えましてうかれているジョージです。

教職のため26日から遅れてアルペンの冬合宿に参加しました。
冬合宿が初スキー、初ポール練ということでもうドッキドキでした。
スピードは遅いもののヘタレなので怪我をするかもしらんと
へっぴり腰で滑っておりました。
安全運転のため、こけることなく鞭打ちにもならずよかったです。
ポール練では準備の邪魔だけにはならんようにと
端っこのほうでコソコソしてました。
何もしてなくてすいませんでした。
デラがけは頑張ったつもりです。

今回の冬合宿はコーチがつくという豪華なかんじでした。
久しぶりに皆さんの滑りを見ると
1年生はもちろん分かりませんが
素人の眼からしてもうまくなったなぁという気がしました。
なんというか、滑りがきれいというか。
プロっぽいというか。


1日にはバイトに必ず出なければならず、函館に急いで帰りました。
絶対バスの中では新年を迎えたくなかったので
17時15分発のバスに乗りました。
そのためにボブさんやら横田さんやらにかなりのご迷惑をおかけしまして
この場を借りて謝罪とお礼を申し上げたいと思います。
すいません、ありがとうございました。
横田さん、男前です。

アルペンの札幌の人達はまた練習をしていらっしゃると思います。
怪我には気をつけてください。

クロカン・ジャンプ・コンバの方々も怪我には気をつけてください。

では、インカレでお会いしましょう!!
2010.01.05 Tue l アルペン l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年明けましておめでとうございます。阿部です。

みなさん、合宿お疲れ様です。
僕も冬合宿を終え、インカレに向けてコンディションを整えて…
と言いたいところなのですが、現在卒業研究その他もろもろ学校のことで忙しく、
時間的にも精神的にも部活をできる状態ではないと考え、合宿には参加しませんでした。

実は夏休み明けから、陸トレにもなかなか集中できない状態が続いており、
こんな状態では練習はおろかインカレにも参加できないなと考えていました。
気持ちがぶれている状態で練習やインカレに参加するのは、みんなに申し訳なく、
自分としても納得がいかないからです。

でも、いろいろ悩み、札幌でボブなどに相談したことや、函館でのミーティングを通し、
なんとかインカレだけは参加したいと思うようになりました。

というわけで、インカレに最後の方だけですが、なんとか合流します。
15日早朝に急行はまなすで出発し、その日の20時頃に到着予定です。
S根君、宿よろしく。
僕の背中を押してくれたみんなに感謝していますし、
インカレでは今自分ができる最高のサポートをしたいと考えています。

さて、インカレの最初の方には参加しないということで、
今のうちにインカレに関して言いたいことを書き込んでおきたいと思います。

<アルペンの1年生へ>
インカレではレースのビデオ撮りの仕事があります。
1年生に限らずですが、是非ビデオ撮りをやってください。
確かにビデオ撮りは寒いし、寂しいし、ちょっと辛い仕事かもしれません。
でも、僕はビデオ撮りほどインカレの仕事で楽しいものはないと思ってます。
僕は1年生のとき、出場したSG以外、全てのレースのビデオ撮りをしました。
そこで、トップ選手の滑りを間近で見て、一スキーファンとしてすごく感動し、選手として非常に刺激を受けました。
同じ大学生のトップクラスの滑りを間近で見る機会はインカレ以外にありません。
ビデオ撮りを通し、インカレで何かを吸収してしてください。

<選手のサポートにまわるみなさんへ>
みんなが必ず1回は他の選手のサポートをするし、今回はサポートのみになる人もいると思います。
選手以上に選手の気持ちになって、精一杯のサポートをしてあげてください。
僕は去年は怪我をしていて、ずっとノルディックのサポートをしていました。
怪我してるから何もできないなと最初は感じていましたが、自分ができることに全力を尽くし、
すごくいい経験をできたと思っています。
インカレは選手だけの大会ではなく、チームで上位を目指す大会なので、
サポートをする人たちも選手と同じように戦い、いい成績を残せるように全力を尽くしてください。



長々と、偉そうなことを書いてすみません。
函館にいると、自分が感じていることをみんなに伝える機会が少ないので…。

今僕は、冬の嵐を間一髪回避して帰省に成功し、地元新潟で新春のスポーツ観戦中です。
高校サッカー、ニューイヤー駅伝、天皇杯…明日からはいよいよ箱根駅伝ですね。

みんなはインカレに向けて、練習、コンディション調整に励んでいると思います。
僕も地元で休養したら、インカレに向けてエンジン全開で勉強に励みます。
風邪、怪我には気をつけてください。
それではインカレで会いましょう。

2010.01.01 Fri l 函館 l コメント (2) トラックバック (0) l top